【モンテッソーリとは?】

 モンテッソーリ教育とは、20世紀初めにイタリアの医学博士マリア・モンテッソーリ(1870-1952)が子どもの観察を通して系統だてた、より良くいのちが育つための援助法ともいえます。
 彼女は、どの子どもにも「周りの環境や時代に適応したい」という自然な欲求があることや、「適切な環境」が「タイムリー」に与えられれば、子どもは自ら成長し、喜びに満ちた平和的な存在に育っていくということなど、多くのことを子どもから発見しました。


 1907年、イタリアのスラムに初めて設立された「子どもの家(Casa dei Bambini)」とその理念は、瞬く間に欧米を中心に世界各国に広がり、誕生から100年を越えた今でも世界中の親と教育者、そして子どもたちに支持されています。